【読書感想言わない文】沈まぬ太陽

沈まぬ太陽」(一)~(五)(山崎 豊子)

 

[紹介文](一)より

広大なアフリカのサバンナで、巨象に狙いをさだめ、

猟銃を構える一人の男がいた。

恩地元、日本を代表する企業・国民航空社員。

エリートとして将来を嘱望されながら、

中近東からアフリカへと、内規を無視した「流刑」に

耐える日々は十年に及ぼうとしていた。

人命をあずかる企業の非情、

その不条理に不屈の闘いを挑んだ男の運命ー。

人間の真実を問う壮大なドラマが、いま幕を開ける!

---

 

人が何かを習慣化するためにはおよそ66日間が必要となるそうだ。

もちろん、人によっても、何を習慣化するかによってもその差はあるが。

 

習慣化する上で必要となるコツは様々あるが、

私は「すぐに始められる状況を作っておくこと」と、

「簡単で良いから記録を残しておくこと」の2点が揃えば、

習慣化に持ち込める自信がついた。

 

家族(特に妻)からは不評だが、私は食卓に単語帳を載せている。

これは、単語の暗記を始めようと思えば

すぐに始められる状況を用意しているということだ。

 

すぐそばの壁にはカレンダーがあり、

そこには、どの部分の暗記を行うのかの予定が

一週間分書きこまれてある。

 

実行に移した日は、〇で囲むだけであるが、

(ごくたまに)実行しない日があるとすっきりしない。

 

確実に暗記が進んでいる実感が掴めてからは、

更に実力を伸ばしたいがために

もっと積極的に向き合えるようになった。

 

気付けば半年以上継続しており、

単語帳も早三周目に突入した。

まだ所々あいまいなものがあるので、

しらみつぶしの段階である。

 

 

さて、「沈まぬ太陽」。

これは日本航空の墜落事故の前後に焦点をあてた、

事実を基に小説的に再構築した物語である。

 

逆境においても挫けず、信念をもって突き進む主人公の姿に

勇気付けられる。

 

また、日航機墜落事故においても

遺族の方々の心情をすべて酌むことはもちろん不可能であるが、

筆者が可能な限り一つ一つ丁寧に掬い上げている姿勢が見受けられ

胸を打たれる。

 

もともと週刊新潮で5年に亘って連載されたものだが、

全編にわたって一度も熱量が落ちたところがなく、

徹底した取材と研究に裏打ちされた現実以上のリアリティに

圧倒される。

 

文庫5冊にまたがる大作。

読む側も熱量を持って一気に読み切ることをおすすめしたい。

 

 

「自分には習慣化は無理!」?

「66日間の継続なんて出来ない!」?

 

そんなことは絶対にない!

と思える作品である。