【読書感想言わない文】走れメロス

走れメロス」(太宰 治)

 

[紹介文]

妹の婚礼を終えると、村の牧人メロスはシラクスをめざして走った。

約束の三日目の日没までに暴虐の王のもとに戻らねば、

自分の代わりに友セリヌンティウスが殺される。

メロスは約束を果たすことができるだろうか。

陽はすでに傾いている。メロスよ、走れ!-

身命を懸けた友情の美しさを描いた表題作のほか、

富嶽百景」「駆け込み訴え」「東京八景」など、

執筆活動の充実ぶりを示す、太宰中期の佳作九篇を収録。

 

---

 

光村図書の中学2年国語の教科書に、「走れメロス」が掲載されている。

これは私自身も中学時代に国語で触れた作品である。

 

「邪知暴虐の王」に始まり、「竹馬の友」「車軸を流す」「獅子奮迅」、

「やんぬるかな」「言うにや及ぶ」「歔欷(きょき)」など、

真の中二病男子が使いたくなる言葉が飛び交う名作である。

 

なかでも、やはり「セリヌンティウス」は外せない。

一度口にしたら忘れられない語感。

少年時代に読んだ小説の登場人物で、

こんなにも明確に名前が出てくるのは

彼とぼくらシリーズの矢場勇くらいだ。

 

しかし、大人になってから読む直すと、

作品に対する印象は変わった。

 

当時、メロスもセリヌンティウス

中学生の自分からすれば「大人」であった。

「大人」が友情のために約束を果たす姿は

本当にかっこよかった。

「走れ!メロス。」のあたりはぶるっと来たものだった。

 

しかし、今や彼らよりも歳を取っているかもしれない立場で

読み直してみると。

 

おいこらメロス。

 

仕事は出来ないくせに、口ばかり達者な

くそ生意気な新入社員のごとき振る舞いに

 

おいこらメロス。となる。

 

段取りせず単身王城に突っ込みその場で切り捨て御免。

なら本人の責任の範疇だが、

なぜ友を巻き込む??

 

そして、なぜ走らないのか??

 

一般社団法人理数教育研究所

2013年度塩野直道賞を受賞した

愛知県の村田一真さんの「メロスの全力を検証」を御照覧あれ。

http://www.rimse.or.jp/research/past/pdf/1st/work03.pdf

 

「走れよ!メロス!」

 

村田さんは当時中学2年生。

疑問を突き詰めて解決していく姿勢は

メロスよりもずっと素晴らしい。