【読書感想言わない文】十二国記

十二国記シリーズ」(小野 不由美)

(「魔性の子」~「黄昏の岸 暁の天」※シリーズ未完)

 

数学や物理などの成績を上げる為には

国語の勉強をするのが近道だと聞いたことがある。

 

現代国語を読み解く上で

論理的に物事を捉える力は必要不可欠だし

数学を始めとする理系科目のほとんどが

論理的思考力を要するからだ。

 

という側面もあるが、

実はこれだけではない。

 

数式とは記号であり、

記号とは抽象化されたものである。

この抽象的な概念に対して想像力を働かせ

具体的な事案に結びつけていく能力がなければ

計算問題は解けても、文章題は解けるようにはならない。

 

では想像力を磨く方法とは何か。

 

それは、読書なのだそうだ。

 

目で捉えた文字情報を脳内でイメージをすることが

良いトレーニングになるのだそうだ。

 

しかもこの想像力とは、

トレーニングを積めば積むほど広がりを見せ

難解な文章をも瞬時に把握するまで高めることができるそうだ。

 

これは聞きかじりなので正確な情報がどこにあるのかは知らないが、

イエール大学などの学生の中には

年間で1000冊~3000冊読むような猛者がゴロゴロいるそうだ。

 

読書量=学力というような乱暴なことは言わないが、

確かに読書好きの生徒で勉強が苦手という子は見かけない。

 

願わくば、学校教育の中で

「読書を強制する」ことだけは避けてもらいたい。

強制されれば苦痛になり、苦痛は読書から足を遠ざける。

 

もっと気楽に、ただ楽しんでもらいたい。

 

だから言う。

小野不由美氏の「十二国記」を読め!と。

 

壮大な世界観に、緻密な描写。

国を統べる者の苦悩、それを取り巻く者の思惑。

ファンタジーならではの、非現実的な設定も不自然に感じられない。

 

最初の3巻を読み切れば、

すっかり設定を理解できるので

その後はページを捲る手が止まらなくなるはず。

 

十二国記シリーズ〉

魔性の子

月の影 影の海 上

月の影 影の海 下

風の海 迷宮の岸

東の海神 西の滄海

風の万里 黎明の空 上

風の万里 黎明の空 下

丕緒の鳥

図南の翼

華胥の幽夢

黄昏の岸 暁の天

 

このシリーズはまだ未完であるが、

次作が最終巻となる。

 

小野不由美氏の体調が全快されることを

心より願う。