【読書感想言わない文】熊と踊れ

「熊と踊れ」(アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ)

 

金と学力はいくらあっても邪魔にならない。

 

と、中学のときに師匠が言っていたのを

今でもよく覚えている。

 

日本の美意識(?)、道徳観(?)からしてみれば、

人目を憚ることなく銭金のことを口にすることは

汚い(?)、悪い(?)ことであった時代である。

 

愛情や友情など金であがなえないものに限って、

人生において大切なものは多いのも事実であり、

「金があれば幸せ」ということでは無いだろう。

 

一方、学力に目を向けてみると、

これもまた「学力があれば幸せ」とは限らない。

一流大学を出ていても自死を選ぶ者も絶えないし、

犯罪に手を染める者がいることもまた事実である。

 

もちろん、「幸せ」の定義をあえてせずに

以上のようなことを考えていても不毛であることは承知の上で、

もう少し話を進めてみたい。

 

人生とは取捨選択の連続であり、

その選択の先に現在もしくは未来の自分がいるのである。

 

金と学力には、この選択肢を広げる能力がある。

 

金を払えば出来ること、金を払えば手に入れられるものがある。

学力があれば出来ること、学力があれば手に入れられるものがある。

持たざる者から見れば、羨まれるようなことができる。

持たざる者から見れば、羨まれるようなものを手にできる。

 

これ則ち幸せ、とは言えないが

これらを望む者は多い。

 

一方、資本主義社会においては

金や学力がないことで

進退窮まり苦しむことがある。

 

だから親は我が子に

金を残したいし

勉強をさせたい。

 

 

 

さて、「熊と踊れ」であるが

これはスウェーデンで実際に起こった連続銀行強盗と

その犯行グループをモデルにしたミステリー小説である。

 

主人公となる主犯格の三兄弟は

金も学力も持たず、暴力で物事を解決しようとする父のもとで育ち、

「金を持つこと」に執念を燃やしている。

 

しかし、実際に金を強奪したあと、

手に入れた達成感からか気分は高揚しているようだが、

はたから見てまったく幸せそうではない。

 

彼らの人生における選択肢を考えたとき、

残されていた常識的な選択肢では不満は消えず、

一生涯うだつが上がらないことが見通せてしまったのか。

銀行強盗という選択肢を取ってしまう姿を見て、

犯罪が世から消えてなくならないことの本質を垣間見た気がする。