【読書感想言わない文】午後からはワニ日和

「午後からはワニ日和」(似鳥 鶏)

 

夏期講習が始まった。

学校が休みになると、起床時間が遅くなる生徒が多い。

いつもより多く眠りたい気持ちはよく分かるし、

そんな日がたまにはあってもよいとも思っているが、

基本的には、いつも通りの時間に起きるべきだ。

 

君たちに言いたいことは2つ。

 

①成長ホルモンの恩恵を受けるべし。

以前は成長ホルモンはゴールデンタイム(22時~02時頃)に

多く分泌されると言われていたが、最近の研究によると、

成長ホルモンは特定の時間に分泌されるという訳ではなく、

入眠後最初の3時間に多く分泌されることが分かってきたそうだ。

しかし、眠りの深さよって分泌される量が変わってくるため、

最初の3時間で深い眠りにつけるようにしなければならない。

睡眠ホルモンが減少してくる03時~05時以降は眠りが浅くなるので、

その前に3時間を確保しようとなれば、00時までの入眠が必要となる。

 

遅く起きた日は、やはり遅くまで起きてしまうものだ。

十代の前半で、身も心も大きく成長するこの時期に、

成長ホルモンの恩恵を受けないなんて、勿体無いにも程がある。

 

②時間のコントロールをするべし。

学校の通常授業が無いとは言え、部活や友達付き合い、

塾やその他の習い事、それに加え夏ならではのイベントもあり、

大人から見ても多忙だと思う。

中学時代の夏休みはエンジョイするべきだし、

同時に未来への投資=勉強も一生懸命するべきだ。

睡眠時間も含め、あらゆるスケジュールをコントロール

これらを両立させ充実させてほしい。

 

さて、「午後からはワニ日和」(似鳥 鶏)であるが、

これはある動物園から狂暴なイリエワニが盗まれ、

飼育員である主人公が解決に乗り出すという話だ。

 

超個性的な飼育員がぞろぞろと出てきて、

彼らの掛け合いを読むだけでも面白いが、

個人的にはあまり馴染みのない「動物園の飼育員」の日常を

垣間見ることができる点が良かった。

 

彼らは動物とともに生きている人々だから、朝は早い。

出産の立ち合いや看病などが発生すれば泊りがけで対応する。

命を預かる仕事というものは、やはりタフでなければ務まらない。

 

主に自分のためだけに時間を使えるときは、

せめて自分の世話は一生懸命するべきだよ。