【読書感想言わない文】64(ロクヨン)

「64(ロクヨン)」(横山 秀夫)

 

2月末に、神奈川県公立高校の合否が発表された。

満点道場は見事、全員合格。

合格圏外からもギリギリまで粘って勝ち取った生徒もいる。

ひとまずはお疲れ様。残りの中学生活を楽しんで下さい。

 

でも、高校入学はゴールではないからね。

今日から高校準備講座も始まるから、

せっかく身に付けた学習習慣はキープし、

次の目標に向けて少しずつ歩き始めること。

 

さて標題の64(ロクヨン)は

警察の広報部を舞台に

マスコミとの衝突や警察内部での衝突などを描いた作品で

これまでの警察小説とは違った切り口なので

それだけでも新鮮で面白い。

丁々発止のやりとりには臨場感があり、

あっという間に引き込まれた。

 

なおかつ昭和64年に起こった未解決の誘拐殺人事件の影が

時効間際に鎌首をもたげ、物語に緊迫感を与える。

 

作中に「たまたまが一生になることがある」という台詞が出てくる。

物語の展開についてはここでは伏せるが、

とても胸に響く言葉だった。

 

人と人との繋がりとは分からないものだ。

1対1の家庭教師から5年。

100名を超える生徒に対して責任を持つことになるとは

あのときには思ってもいなかった。

たまたまが一生の仕事になるような予感がしている。

 

今回、晴れて高校に合格した面々も

これから想像をはるかに超える人生の展開に

喜び悲しむこともあると思う。

 

そのときそのときを

一生懸命に生き抜く以外に方法はない。

明日の為に今日を生きるのではなく

今日の為に今日を生きる、

そんな愚直な姿勢が大事になることがあると思う。

 

でも

どうしても困って二進も三進も行かなくなったら、

いつでもここに来れば良いよ。

たまたま生徒と先生という縁で繋がったけど、

一生の付き合いにしていこう!