【読書感想言わない文】本日は、お日柄もよく

「本日は、お日柄もよく」(原田 マハ) 前期中間試験も終わり、 三年生は修学旅行もあって、 ほんわかふんわりした雰囲気が漂う 今日この頃。 メリハリ大事だからね。 テスト明けに鬱憤を晴らすのは良いことだけど。 もう一度言うけど、 メリハリ大事だから…

【読書感想言わない文】ジェノサイド

「ジェノサイド」(高野 和明) 光陰矢のごとし。 新学期が始まったと思ったら すぐそこまで前期中間試験が迫ってきている。 と感じている生徒も多いと思う。 一方で着実に試験対策を進めている生徒もいる。 この違いは、未来に対する想像力の違いと言えるか…

【読書感想言わない文】烏に単は似合わない

「烏に単は似合わない」(阿部 智里) 4月に入り、今日で春期講習も最終日である。 入学・進級し、新たな環境で最高のスタートを切れるよう、 短い時間ではあるが、とっておきのエッセンスを凝縮して渡してきた。 新中学一年生クラスで アルファベットをき…

【読書感想言わない文】64(ロクヨン)

「64(ロクヨン)」(横山 秀夫) 2月末に、神奈川県公立高校の合否が発表された。 満点道場は見事、全員合格。 合格圏外からもギリギリまで粘って勝ち取った生徒もいる。 ひとまずはお疲れ様。残りの中学生活を楽しんで下さい。 でも、高校入学はゴールでは…

【読書感想言わない文】探偵の探偵

「探偵の探偵」(松岡 圭祐) 神奈川県では原則全ての公立高校入試で面接が行われる。 そして多くの高校で、 調査書(内申点)4:学力検査4:面接2の割合(※)で評価される。 かなりエグイ。 (※比率が異なる高校もある。また別途特色検査や実技検査を行…

【読書感想言わない文】ふくわらい

「ふくわらい」(西 加奈子) いよいよ私立の推薦入試も本格的にはじまった。 公立高校と異なり、私立高校は各校独自の問題が出される。 それぞれ程度の差はあるものの出題の傾向は分析できる。 しかし、出題傾向に過度にこだわる必要はないと思っている。 …

【読書感想言わない文】有頂天家族

「有頂天家族」(森見 登美彦) 受験生へ 古来より、日本では「節目(ふしめ)」を大事にしてきました。 何を決意し始めるにしても、 いつ始めたのか、その始点となる日がうやむやになると どれだけ続けてきたか把握しづらいだろうから、 覚えやすい節目を選…

【読書感想言わない文】図書館の魔女

「図書館の魔女」(高田 大介氏) 先週は宮崎中で、今週は宮前平中で後期中間試験。 みな必死に勉強している。 しかし、これまで以上に苦しんでいる生徒が多い。 そうとう勉強が得意な生徒からも、 今までのような余裕は感じられない。 前回の試験からの短い…

【読書感想言わない文】超高速!参勤交代 / 超高速!参勤交代リターンズ

「超高速!参勤交代」 「超高速!参勤交代 リターンズ」(土橋 章宏) 歴史の勉強をするときに、 教科書の文字をただ追っていても 眠くなるだけだという生徒は 楽しむための工夫が足りないと思う。 マンガで歴史を押さえるのも手だし、 歴史の登場人物のプロ…

【読書感想言わない文】十角館の殺人

「十角館の殺人」(綾辻 行人) 漢字が苦手という生徒は意外と多い。 「形声文字」という言葉はまだしも、 漢字の旁(つくり)で ある共通する音を表すことを知らない生徒が まあ多い。 陽(よう)、楊(よう)、揚(よう)、、 場(じょう)、腸(ちょう)…

【読書感想言わない文】沈黙

「沈黙」(遠藤 周作) 今日は、朝から模試を行っている。 中3の内申点を確定させるための最後の戦いとして 来週に試験を控えているからである。 試験で狙われやすい問題を中心に、 当塾の教師たちが腕によりをかけて作る模試。 ここで高得点を取れる生徒は…

【読書感想言わない文】震える牛

「震える牛」(相場 英雄) 10月10日、体育の日である。 東京五輪の開会日をこの日にしたのは、 統計上10月10日が最も晴れやすい日だったからだ! と聞いて育ったが、 実は10日は晴れの特異日ではないそうである。 スポーツの秋。 私は季節に関係…

【読書感想言わない文】旅のラゴス

「旅のラゴス」(筒井 康隆) 私は一時期、旅をすることを仕事にしたことがある。 それは日本に住む外国人に会いに行く旅だ。 日本語は難しい。 これは国籍問わず、色んな外国人から聞こえてくる声だ。 まず、文字。 表音文字である「ひらがな」「カタカナ」…

【読書感想言わない文】精霊の守り人

「精霊の守り人」(上橋 菜穂子) 夏休み直後の前期期末試験を終え、 点数が大幅にアップしている生徒が続出している。 一方で、いまいち伸びなかった生徒もいるし、 中には点数を下げてしまった生徒もいる。 反省すべきは反省し 課題を克服していくのみだ。…

【読書感想言わない文】後妻業

「後妻業」(黒川 博行) 夏期講習が終わった。 私たちが塾を営んでいるエリアでは 夏休み明けに前期期末試験が行われる。 その為、中学3年生の夏期講習では 「受験対策」と並行して「期末試験対策」を行っている。 どちらも妥協できない、大切なものだ。 …

【読書感想言わない文】八日目の蝉

「八日目の蝉」(角田 光代) 蝉の寿命は七日、ではない。 土中で幼虫として数年を過ごすし、 地上に出て成虫となってからも 実は七日以上生きることが多い。 儚いものの代名詞として用いるときに 七日という数字がちょうどよいのかもしれない。 7は、素数…

【読書感想言わない文】人間失格

「人間失格」(太宰 治) カナダ出身で「アメリカの恋人」と呼ばれた 女優メアリー・ピックフォード(1892-1979)は 年間100万ドルを稼いだ最初の女優であったし 自分で自分の映画を世に出した最初の女優であった。 つまり 当時の成功者の一人である。 しかし…

【読書感想言わない文】船を編む

「船を編む」(三浦 しをん) 中3の漢文の授業で「論語」を扱っている。 「子曰く」から始まるアレだ。 論語は、孔子と弟子たちの言行を記録したものである。 倫理や道徳を説き、理想的な社会をつくろうとした孔子の教えは 今日の日本人にも大きな影響を与…

【読書感想言わない文】永遠の0

「永遠の0」(百田 尚樹) 夏と言えば 海、山、という生活を送っていた。 生っ白い体を焼こうとして テントの前にシートを敷いて寝転がり ぐうぐう眠った。 案の定 全身水ぶくれになり しばらく寝返りを打てなかった。 クワガタに挟まれたらどんぐらい痛いの…

【読書感想言わない文】東京すみっこごはん

「東京すみっこごはん」(成田 名璃子) うちの塾では、 格闘技の道場よろしく 「心・技・体」の充実の大切さについて 話すことがある。 英文法や数学の解法などの 技術を身に付けることは 勉強の第一歩だ。 そこに組み合わせる単語や熟語などを覚える、 時…

【読書感想言わない文】漁港の肉子ちゃん

「漁港の肉子ちゃん」(西 加奈子) 満点道場の塾生は「家族」である。 いや。いやいや。 もちろん 人類皆兄弟!とか、 ここは神の家である!!とか、 天にまします我らの父が!!!とか、 そういうことではなく 学校の先生と塾の先生のスタンスの違いからの…

【読書感想言わない文】すべてがFになる

「すべてがFになる」(森 博嗣) ここ数年 数学や理科を苦手とする生徒が増えている ような気がしている。 速さ・時間・距離の問題や 歩合や百分率などの割合の問題はもちろん 根本的な四則演算からしてあぶない。 そんな生徒がざらにいる。 大人になっても …

【読書感想言わない文】文福茶釜

「文福茶釜」(黒川 博行) 日本では中学三年までが義務教育だ。 十四五にもなれば子どもではないが かと言って自立が出来るほどの大人でもなく 云わば半人前の時分に岐路に立たされる。 ー進学か、それ以外か。 かねがね言われてきているように 日本ではお…

【読書感想言わない文】エヴェレスト 神々の山嶺

「エヴェレスト 神々の山嶺」(夢枕 獏) 2010年の1月、JALが会社更生法を申請した。 当時は日本一の航空会社の経営破綻にひどく驚いたが、 内情が漏れ伝わるにつれ よくぞここまで倒産せずにこれたなと 逆の意味で驚いた。 しかし、赤字続きだったこの巨大…

【読書感想言わない文】西の魔女が死んだ

「西の魔女が死んだ」(梨木 香歩) 世の中には、多種多様な習い事がある。 私には二人の幼い子供がいるが 彼らにどんな習い事をさせようかと ときどき考えている。 水泳、球技、格闘技、 算盤、書道、英会話、 美術、音楽、ダンス。 本人がやりたいことをや…

【読書感想言わない文】鉄鼠の檻

「鉄鼠の檻」(京極 夏彦) この小説に、イソップ童話の百足の話が出てくる。 ムカデは百足と書くように、足が非常に多い。 その足を自由自在に操って歩く百足に、 「どうやって歩いているのですか」と尋ねる蛙。 百足はどのように足を動かしているのかを考…

《宮崎中》前期中間試験前日

いよいよ宮崎中は明日から中間試験。 学校のテストで良い点を取ってもらいたい! そのために毎日毎日授業や補習や模試を繰り返し、 徹底的にやってきた。 でも、 自信を持ってウキウキしている生徒もいれば、 不安で一杯でオロオロしている生徒もいる。 過ご…

【読書感想言わない文】天地明察

「天地明察」(冲方 丁) どなたの言葉であるかは不明だが 努力にまつわる格言の中に以下のものがある。 『努力して結果が出ると、自信になる。 努力せず結果が出ると、傲りになる。 努力せず結果も出ないと、後悔になる。 努力して結果が出ないとしても、経…

【読書感想言わない文】夜は短し歩けよ乙女

「夜は短し歩けよ乙女」(森見 登美彦) 学習塾の塾長という立場上、 「読書はした方が良い」 と塾生に言う機会は、やはりある。 やれワーキングメモリが鍛えられるとか。 やれ読める漢字が増えるとか。 やれ語彙が身に付くとか。 実際、勉強に役立つことは…